« 木蓮散り始む | トップページ | 寒い春の桜 »

2009年3月31日

竹の秋

竹の葉に青さの戻り来るまでは春の中にも侘びぞ残れる


Wakalog_090331 「竹の秋」 という言葉がある。歳時記では 「竹秋」 というはずなのだが、Goo 辞書で調べると、「竹の秋」 は出てきても、「竹秋」 だと出てこない。

さしもの ATOK でも 「ちくしゅう」 で一発変換されない。「歳時記 竹秋」 でググれば、いくらでも出てくるのになあ (参照)。

竹の秋とは、陰暦三月の別称ということになっている。で、今日は旧暦で言えば三月五日なので、まさに 「竹の秋 = 竹秋」 である。

今頃になると、古い竹の葉が黄色くなって落ちる。確かに、駅までの道の途中にある竹林の葉も、大分黄色くなってきている。陰暦の弥生というのは、本格的な春の陽気になるまでは、こんなようなわびさびっぽい光景もある。

We are in the season called "bamboo's fall"
Until bamboo leaves regain color of green
Spring has not come over the wall
Of "wabi", an element usually unseen

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 木蓮散り始む | トップページ | 寒い春の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹の秋:

« 木蓮散り始む | トップページ | 寒い春の桜 »