« 暖かき春の日 | トップページ | 白木蓮咲き始む »

2009年3月11日

神田川のほとりに咲く梅

神田川流るる岸の白梅の秘かに映るさざ波の陰


Wakalog_090311 昨日は完全に春の気分だったのだが、夜になってから急に冷え込み、朝は寒風に震えた。天気は悪くないのだが、完全に冬型の天気。故郷の庄内は吹雪である。

立春以後、寒の戻りが何度目かわからなくなるほど繰り返されている。春先の天気は油断がならないが、今年の春はことさらだ。

本当に春らしくなるのは、来週になってからだという。しかし、正岡子規の 「毎年よ彼岸の入りに寒いのは」 という句があるぐらいだから、さらにもう一度寒の戻りがくるのを覚悟しておこう。

写真は御茶ノ水橋から神田川のほとりに咲く梅の花を見下ろしたもの。今日は梅の花も寒そうに咲いている。

The Kandagawa river flows slow
Feflecting ume blossoms' pale pink
And early spring secret shadow
Into the ripples' subtle blink

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 暖かき春の日 | トップページ | 白木蓮咲き始む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神田川のほとりに咲く梅:

« 暖かき春の日 | トップページ | 白木蓮咲き始む »