« つくばの桜、蕾ふくらむ | トップページ | 竹の秋 »

2009年3月30日

木蓮散り始む

木蓮の白く重たき花びらの落つるを受けてすみれ咲きをり


Wakalog_090330 日が暮れてから取手駅にたどり着くと、駅前の白木蓮は早くも散り始めている。木の下の花壇に咲いたパンジーの上に、散ってしまった白い花びらが見える。

梅が散ってしまうと、桃と白木蓮が咲き乱れ、そのすぐ後に、桜が満開になる。桜が散ってしまえば、本当の春の陽気になるが、まだそこまで至っていない。

今年の白木蓮は、先週の中頃、夜中に降ったあられだか雹だかに当たってしまったせいか、真っ白な花びらに茶色の傷がついてしまって痛々しい。それで早めに散ってしまって、桜に舞台を明け渡そうとしている。

White petals of magnolia
Began to fall to the ground
Like bulky drops of tear
Receoiving them, pansies are all around

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« つくばの桜、蕾ふくらむ | トップページ | 竹の秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木蓮散り始む:

« つくばの桜、蕾ふくらむ | トップページ | 竹の秋 »