« ビルの入り口に張られし注連縄 | トップページ | シャガの花咲き続く »

2009年4月25日

立ち止まる春

新緑はただひたすらに芽吹くなり春は幾たび立ち止まるとも


Wakalog_090425 穀雨の時期に入っているというのに、今日はなんとまあ、寒いのである。冷たい雨が一日中降った。

茨城県南部の最高気温は 十二度だったという。十二度といえば、冬の間のちょっとあまり寒くない日という気温だ。冬物を洗濯屋に出してしまった人は、ちょっとあせったかもしれない。

近頃、寒暖の差が激しい。最高気温が一日ごとに五度以上の差で上がったり下がったりする。体がついていくのに精一杯だ。

今日はちょっと出かけたついでに、守谷の 「美里」 というそば屋で鴨汁そばを食べた。このそば屋は、このあたりではベストスリーに入るそば屋である。

まったく田舎家という造りで、周囲に水路を巡らせ、苔と雑木を生やしている。ホタルを育てているので、苔の上には這い上がらないようにという注意書きがある。

写真はその苔と雑木の風景。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« ビルの入り口に張られし注連縄 | トップページ | シャガの花咲き続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立ち止まる春:

« ビルの入り口に張られし注連縄 | トップページ | シャガの花咲き続く »