« 鏡としての田 | トップページ | ハルジオン咲く »

2009年4月30日

黄昏長く祭り近し

黄昏の長引く街に提灯のともりゐるなり祭り近づく


Wakalog_090430 連休に入ってしまったのだなあという気がする。朝の電車はいつもの八割足らずの混み具合。帰りも同じぐらいだ。

昨日よりもずっと暖かい。明日からは五月で、ずっと暖かくなるらしい。ようやく春本番。

いや、近頃は温暖化のせいか、いかにも春という時期はとても短い。あっという間に初夏という感じになる。明後日は八十八夜で、今年は五月五日から立夏だ。今年の春は、本当にわけのわからないうちに終わってしまいそうだ。

神田祭が近づいてきた。神田駅の前に奉納者の名前を記した提灯がともっている。もうしばらくすると、街にお囃子が響くようになる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 鏡としての田 | トップページ | ハルジオン咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏長く祭り近し:

« 鏡としての田 | トップページ | ハルジオン咲く »