« 花吹雪直前の桜 | トップページ | 春爛漫 »

2009年4月 7日

桜の満開となれば

満開となればはや散る姿こそ見ゆる心地のする桜なれ


Wakalog_090407 今日は本当にいい陽気だった。気温は二十度近くまで上がったんじゃあるまいか。去年の暮れからずっと車につけっぱなしだったスタッドレスタイヤをはずして、ラジアルタイヤに戻した。

この冬は雪らしい雪はほとんど降らなかったので、ス タッドレスにしただけ馬鹿らしい気もするが、それでも 「いつ雪になっても大丈夫」 という安心感があっただけよしとしておこう。

つくば周辺の桜もいよいよ満開だ。岡堰も、田植えに備えて水を満々と蓄え始めた。その岸に咲く桜が、まるで雲のようだ。

桜が満開になると、もう散りゆく姿が見えるような気がしてしまうのは、歳を取った証拠なんだろうか。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 花吹雪直前の桜 | トップページ | 春爛漫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜の満開となれば:

« 花吹雪直前の桜 | トップページ | 春爛漫 »