« 風の冷たき黄昏 | トップページ | アメリカ製の古い鉛筆削り »

2009年4月 3日

上野の山の満開の桜

華やぎを超えて哀しき花なればいや咲きてこそ散り行け桜


Wakalog_090403_2 朝、ちょっとだけ時間に余裕があったので、上野駅で途中下車してみた。上野公園の桜をみようと思ったのである。

それはそれは、見事な満開だった。満開の上に、人ごみも大変なものだった。早々に写真を撮って引き上げてきた。

桜の木の下にはブルーシートがびっしりと敷き詰められ、新入社員らしき若いお兄さんが数人、所在なげに座り込んでいる。これが噂に聞く 「新入社員の最初の仕事 - 花見の場所取り」 というものらしい。

初めて見た。気の毒な光景だった。

満開の桜は見事だが、その中には常に哀しみが潜んでいる。

Due to the burden of sorrows and gloom
Taking inside its gorgeous shade
Cherry blossoms have come into full bloom
And will be gone soon without any charade

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 風の冷たき黄昏 | トップページ | アメリカ製の古い鉛筆削り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上野の山の満開の桜:

« 風の冷たき黄昏 | トップページ | アメリカ製の古い鉛筆削り »