« ケシの咲く頃 | トップページ | ビルの入り口に張られし注連縄 »

2009年4月23日

ツツジの花の色

軒先に注連縄張らる街並みに躑躅の花の色ぞ増し行く


Wakalog_090423 神田の街の舗道に、植え込みのツツジが咲き誇っている。三~四年前までは、連休が明けてビジネス街に戻るといつの間にか満開になっているという印象だったが、最近は温暖化のせいなのか連休前にどんどん咲いてしまう。

ここ何年か、この季節になると舗道の植え込みのツツジの写真を撮り続けているのだが、ツツジという花は、写真にするとなぜかのっぺりした感じになってしまう。これまで満足できた写真は一枚もない。

今日の写真にしても、カメラの性能が上がった分、去年までよりずいぶんマシだが、それでもずいぶんのっぺり感がある。あるいは、人間の視覚の方がずいぶんアジャストして見ているのだろうか。

この花が咲くと、神田祭が近づいてくる。今年は本祭で、五月九日と十日の土曜と日曜がクライマックスになる。私はどちらも都合があって来られないが、その前からずいぶんそれらしい雰囲気に包まれるので、なんとなく浮き浮きしてしまう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« ケシの咲く頃 | トップページ | ビルの入り口に張られし注連縄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツツジの花の色:

« ケシの咲く頃 | トップページ | ビルの入り口に張られし注連縄 »