« 灯ともし頃の家路 | トップページ | 鳥はまず、さえずりだった »

2009年5月12日

タンポポの綿毛

蒲公英の白き綿毛のさつくりと削られゐるは風の痕跡


Wakalog_090512_2 神田祭のにぎわいも一段落して、関東は初夏らしい陽気になった。我が家の周囲のタンポポも、ずいぶん白い綿毛になっているのが目立ってきた。

この写真のタンポポの綿毛は、まるで昨日の風の向きを記録するように、斜めに削り取られている。ちょっとした位置の違いで、綿毛の残り方も微妙な角度の違いを見せているのがおもしろい。

初夏らしくなってきたといえば、我が家の裏手を流れる川の土手際も、あっという間に雑草が生い茂ってしまった。放っておくと手が付けられなくなって、藪蚊の温床になるので、早めに刈らなければならない。ところが忙しすぎて草刈りをしている暇がない。

今一番欲しいのは、時間である。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 灯ともし頃の家路 | トップページ | 鳥はまず、さえずりだった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タンポポの綿毛:

« 灯ともし頃の家路 | トップページ | 鳥はまず、さえずりだった »