« ハイビスカスにありやあらずや | トップページ | 遙かに望む名古屋城 »

2009年6月 2日

卯の花のつぼみ

卯の花の白き蕾の膨らめば夏は間近の角にまで来ぬ


Wakalog_090602 卯の花のつぼみがふくらみ始めた。卯の花は本当に咲いてしまう少し前、つぼみがめいっぱいふくらんだ時が、遠くから見るともこもことして、食べ物の卯の花 (おから) のイメージに近い。

この状態の卯の花をみると、私なんぞは 「なるほどなあ、よくぞ言ったものだ」 と感心してしまったりする。

しばらく雨模様の肌寒い天気が続いたが、今日は爽やかな晴天だ。明日も何とか晴れそう。

「卯の花の匂う垣根に」 という歌い出しでお馴染みの 「夏は来ぬ」 という歌がある。まだ咲いていないので、「夏は来ぬ」 とは言い切らずに、「間近の角にあり」 と言っておこう。

Little and white buds of deutzia
They are swelling a little bit closer
To the moment of comming out and appear
See, summer is around the nearlest corner

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« ハイビスカスにありやあらずや | トップページ | 遙かに望む名古屋城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯の花のつぼみ:

« ハイビスカスにありやあらずや | トップページ | 遙かに望む名古屋城 »