« 異次元の時の絡み合ふ街 | トップページ | 紅く染まる夕空 »

2009年6月25日

あまりにも無垢なる鳥

それぞれは無垢なる鳥にこそあらめただあまりにも無垢にあれども


Wakalog_090625 今年も JR 常磐線取手駅西口広場の木に、ムクドリの大群が押し寄せている。日暮れ時に駅に降り立つと、「キュルキュルキュル……」 というけたたましい鳴き声が耳に響く。

時々何かの拍子に木から一斉に群れが飛び立つと、空を覆うような大群で、昔のヒッチコックの映画を思い出してしまう。

写真をよくみると、木のあちこちにムクドリが止まっているのが見える。相当なムクドリ密度だ。右側の黒いのは、今まさに木の枝に止まろうとしている一群だ。

ムクドリというのは、数羽単位でみるとなかなか可愛らしいのだが、ここまで大群になってしまうと、どうしようもない。道路は鳥のフンだらけになっている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 異次元の時の絡み合ふ街 | トップページ | 紅く染まる夕空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あまりにも無垢なる鳥:

« 異次元の時の絡み合ふ街 | トップページ | 紅く染まる夕空 »