« 竹の子の脱皮 | トップページ | 水の季節 »

2009年6月18日

上野の山に日は落ちて

宵長し上野の山に日の落つる誰の時にもあらぬこの時


Wakalog_090618 出がけの天気予報では、「午後から雨」 なんて言っていたが、午後になっても降りそうで降らない。ついに日が暮れても降らないでもっている。

今年の梅雨も、おかしな梅雨である。降るなら降るで、もっと素直に降ってくれてもいいのに。

写真は上野駅の 「パンダ橋」 から上野の山を望んだところ。浅草口のところから昇って、広い橋を渡れば上野公園に一気に行ける。

両脇のベンチに会社帰りの人たちが座って、帰宅前のひとときをぼうっとして過ごしている。ここはそうして過ごすのにいい場所だ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 竹の子の脱皮 | トップページ | 水の季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上野の山に日は落ちて:

« 竹の子の脱皮 | トップページ | 水の季節 »