« ブルーライトつくば | トップページ | 五月雨映す神田川 »

2009年6月21日

抱卵のつばめ

眼差しのありがたきかなつばくろの母は卵を守りて動かず


Wakalog_090621 国道二百九十四号線沿いの二宮という道の駅に寄ったら、明かりをとるボール型の照明の上にツバメが巣を作っていて、一羽のメスが抱卵の真っ最中だった。

ツバメはかなり用心深い鳥で、カメラを向けるとすぐに飛び立ってしまうのだが、さすがに卵を抱いている時にはそんなことはない。身を挺して卵を守っているのだろう。

えらいものである。余計な緊張を強いてしまって、ごめんね、ツバメ。

今日は朝のうちは雨が降っていたが、昼頃から曇り空となり、時間が経つにつれてむしむしとした暑さになった。ようやく梅雨本番という気がしてきた。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« ブルーライトつくば | トップページ | 五月雨映す神田川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抱卵のつばめ:

« ブルーライトつくば | トップページ | 五月雨映す神田川 »