« 梅雨の中休み | トップページ | 心で味はふうまきもの »

2009年6月12日

会津の旧友

鶴の名を負ふ城壁の白雲は途切れず旧き友を訪ねむ


Wakalog_090612 今日は会津若松に出張。仕事のついでに、古い友人、食工房mikio さんの所にも寄ってきた。彼が喜多方市に移転して食工房を始めてから初めての訪問である。

時間がなくて、1時間ぐらいしか居られなかったが、懐かしい再会で嬉しかった。

一昨日に梅雨入り宣言が出されたが、昨日の午後からさっそく梅雨の中休み。写真の通り、青空がのぞいて、会津盆地は汗をかくほどの陽気になった。おかげで今日の仕事は大変スムーズに運んだ。

我ながら相変わらずの晴れ男ぶりで、ありがたいことである。今日の仕事が済んだので、あとしばらくは心おきなく雨に降ってもらっても差し障りはない。

ちなみに、「五月晴れ」 という言葉は、梅雨 (五月雨) の合間の晴れを指し、今日のような天気のことを言う。もともと旧暦の頃にできた言葉だから、当然のことである。

写真は会津若松の鶴ヶ城。なかなか見事な城だったが、時間がなくて中を見物することはできなかった。次に訪問するときは、ゆっくりと見てみたい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 梅雨の中休み | トップページ | 心で味はふうまきもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会津の旧友:

« 梅雨の中休み | トップページ | 心で味はふうまきもの »