« 卯の花のつぼみ | トップページ | 蛾の美しさ »

2009年6月 3日

遙かに望む名古屋城

尾張なる城はるかなり今日もまた間近にありてなほ遙かなり


Wakalog_090603 名古屋に出張した帰りの新幹線で、これを書いている。昨日の日記でも書いたが、私は名古屋には数え切れないほど何度も来ているのに、名古屋の街をまともに歩いたことがない。

ほとんどは日帰り出張で、駅前のホテルの会議室で会議に出席し、それが終わるとあたふたととんぼ返りする。

以前は宿泊することもあったが、そんなときも、駅前からタクシーに乗って訪問先に行き、用事が終わると駅前のホテルに戻ってきて寝るだけだ。翌日は一宮辺りにでかけたりして、名古屋から少し離れる。そして一宮での仕事が終われば、名古屋に戻って、そのまま新幹線で戻ってくる。

今日も駅前のホテルでの会議が終わって、そのまま帰りの新幹線に乗り込んだ。ホテルの会議室の窓から市内を見渡すと、名古屋城が見える。あの名古屋城も、一度も訪れたことがない。

あまり来すぎているのかもしれない。いつでも行けると思いつつ、まだ行くことができない。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 卯の花のつぼみ | トップページ | 蛾の美しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遙かに望む名古屋城:

« 卯の花のつぼみ | トップページ | 蛾の美しさ »