« 夕焼けの下の草野球の照明 | トップページ | 夏本番を前にして »

2009年7月20日

鬼百合うつむきて咲く

夏の日の真白き中で鬼百合のかくもうつむく鬼を孕めば


Wakalog_090720 梅雨明け宣言は出たものの、なんだかはっきりしない陽気が続いて、「この宣言は早まったのかも」 と思っていたが、今日はとてもすっきりとした晴天である。

梅雨は本当に明けたのかもしれないと思ったが、天気予報を見ると明日からまた雨になるらしい。要するに、よくわからない天気がまだしばらく続くと思っていればいいのだろう。

とりあえず、今日は夏らしい一日である。湿度も低く、日影に入れば涼しささえ感じる。日本の夏がずっとこんなだったら、さぞ過ごしやすいだろう。しかし、あの湿り気があってこそ日本の夏なのだとも言えるが。

土手の道を散歩したら、ユリが咲いていた。これは後で調べたらコオニユリという品種で、日本には多いらしい。シラユリの清楚さとは別の雰囲気をもっている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 夕焼けの下の草野球の照明 | トップページ | 夏本番を前にして »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼百合うつむきて咲く:

« 夕焼けの下の草野球の照明 | トップページ | 夏本番を前にして »