« 日食の日の雨垂れ | トップページ | 雑踏の人 »

2009年7月23日

雨粒に宿る世界

久方の雨の滴のそれぞれに小さくも宿る世界の同じきか


Wakalog_090723 どうやら本格的に戻り梅雨と言っていい様相を呈してきたようだ。東京の週間天気予報は、来週の月曜になるまで雲と傘マークが並んでいる。

梅雨明け宣言は早まったようだ。関東の梅雨明け日は、多分後になってから修正されるだろう。

昨日の写真は鉄パイの雨の滴だったが、今日は似たような構図で趣が違う。雑草の茎にぶら下がった雨の滴である。

こうしてみると、水というのはけっこうねばり強いものである。今にも滴りそうになっているのだが、なかなか落ちない。風に震えつつもなんのことなくぶら下がっている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 日食の日の雨垂れ | トップページ | 雑踏の人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨粒に宿る世界:

« 日食の日の雨垂れ | トップページ | 雑踏の人 »