« びぃる飲む人 | トップページ | ほの暗き波紋の下 »

2009年8月 1日

如何なる夏も

木槿よかくも無垢なる白き花よ如何なる夏も咲き通す華よ


Wakalog_090801 戻り梅雨が居座ってしまっているので、今日から八月といっても実感がわかない。なんと涼しい夏である。今週末には立秋になって、それ以後は 「残暑見舞い」 になる。ああ、ますます実感がわかない。

裏の空き地のムクゲも、今年は花の数が少ないような気がする。いつもの年は白い花がびっしりと咲くのに。

夏がどんな夏でも、ムクゲは咲く。人間は生き通す。それだけのことである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« びぃる飲む人 | トップページ | ほの暗き波紋の下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如何なる夏も:

« びぃる飲む人 | トップページ | ほの暗き波紋の下 »