« 初秋の七日月 | トップページ | 夜の国道を望む »

2009年8月27日

初秋の街の宵の口

雲湧かず月もあやなる黄昏に街の灯はかくも無関係に光る


Wakalog_090827 昨年の今頃は、急に涼しくなったかと思ったのだが、九月に入ってから残暑がぶり返した。その前の年は、暑すぎて十月になってからも 「秋はまだか」 なんて、ひいひい言っていた。

今年は今のところ、かなり秋らしい空模様になった。じめじめした空気がどこかに消えて、さっぱりとした空気に入れ替わってしまった。

夕暮れの空がすっきりとしている。もわっとした感じがない。半月もクリアに見える。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 初秋の七日月 | トップページ | 夜の国道を望む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の街の宵の口:

« 初秋の七日月 | トップページ | 夜の国道を望む »