« 夏の終はりの三日月 | トップページ | 夏過ぎし日の夕焼け »

2009年8月24日

甲斐路の宵

稜線にふと溶けて行く心地して甲斐路に迷ふ夏の夕暮れ


Wakalog_090824 今日は山梨県の南アルプス市というところに日帰り出張。まあ、私が行くのだから、ありがたいことにお天気は晴れである。

盆地なので、晴れると暑い。お昼前に竜王駅に降り立ったら、肌がひりひりするほど暑い。ところが、夕方の五時を過ぎたらうそのように涼しくなった。夜明け頃になると寒いんだそうだ。

私は盆地というところに暮らしたことがないので、四方を見渡しても山しかないとか、昼と夜との気温差がびっくりするほどというのは、あまり馴染みがない。

ちょっと体内感覚が狂うところがある。それはそれで、なかなか面白いのだが。

ちなみに、この写真にうつっているのは、片山という山だと思う。近頃ゲットした iPhone のマップをみると、どうもそのようだ。この機能は、初めて行くところの道案内を始め、なかなか使える。

気分は迷っても、道には迷わずに済む。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 夏の終はりの三日月 | トップページ | 夏過ぎし日の夕焼け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甲斐路の宵:

« 夏の終はりの三日月 | トップページ | 夏過ぎし日の夕焼け »