« 朝の雑踏の中で | トップページ | 鴨の飛び立てる川面に »

2009年9月26日

木槿はやはり秋の花

彼岸過ぎの木槿の蕾いや増すに膨らみてこそ花は白く咲け


Wakalog_090926 歳時記を調べると木槿は秋の季語だが、そんなことはお構いなく、実際には六月頃からどんどん咲き始めてしまう。だから、私は夏から秋まで咲き通す花と思っている。

ところが、近頃ムクゲの花の勢いがものすごく増してきている。花の数が増えているばかりでなく、蕾もどんどん膨らんできている。

やっぱり木槿の一番元気のいいのは、秋なのだと納得した。秋の季語と指定されているのも納得である。私の場合は俳句ではないから、歳時記の決まり事はどうでもいいのだが、やはり少しは気になってしまうのである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 朝の雑踏の中で | トップページ | 鴨の飛び立てる川面に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木槿はやはり秋の花:

« 朝の雑踏の中で | トップページ | 鴨の飛び立てる川面に »