« 鴨の飛び立てる川面に | トップページ | 風になびく薄 »

2009年9月28日

柿の実色づく

彼岸過ぎはや晩秋の色をして人の庭越しに柿は熟れ行く


Wakalog_090928いつの間にか近所の家の塀越しに、既に柿の実が色づき始めている。

この辺の家は、せっかく実った柿を食べるということがあまりないみたいで、いつまでも放りっぱなしにしておく。だから、いつの間にか鳥に食われてしまうか、地面に落ちて潰れてしまうかのどちらかだ。もったいない。

そのくせ、スーパーで買ってきた柿を食うらしいというので、何となくわけのわからない気分になってしまう。

それにしても、柿の色というのは、いかにも秋を感じさせる。渋柿でなくても、なかなか渋いいい色だと思う。浮世絵などでも、「柿色」 というのは重要な色だ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 鴨の飛び立てる川面に | トップページ | 風になびく薄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柿の実色づく:

« 鴨の飛び立てる川面に | トップページ | 風になびく薄 »