« 沈み残れる宵月 | トップページ | 紫蘇の花に寄せらるる蛾 »

2009年9月11日

高き空にとどまる秋の雲

高き空に平たく白き秋の雲ひたと動かず時は流れ行くに


Wakalog_090911 今日まではどうやら秋晴れと言っていい天気がもったらしい。朝は雨になるという。朝、取手駅の西口コンコースから空を見上げると、いかにも秋の雲らしい鱗雲が見えた。

夏の雲は低いところから縦に盛り上がるが、秋の雲は高いところで平べったく横に広がる。これをみるともう、気分だけでも涼しくなる。

秋になるとセンチメンタルになるという人が多いが、私にとって今年の秋はそれどころではない。なんだかんだと重要案件が重なって、かなり忙しい。

もう少しゆっくりと歌を詠みたいが、なかなかそうも行かない。ブログ更新は、"Today's Crack" もこの和歌ログも、ほとんど電車の中でしかできないという状態だ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 沈み残れる宵月 | トップページ | 紫蘇の花に寄せらるる蛾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高き空にとどまる秋の雲:

« 沈み残れる宵月 | トップページ | 紫蘇の花に寄せらるる蛾 »