« すすきの穂、出始む | トップページ | 稲刈りが始まる »

2009年9月 7日

水引の花

夏の日の緑少しく薄らげば道端に出でぬ水引の紅


Wakalog_090907 夏の間は色合いの鮮やかな花が咲くものだと思いこんでいたが、そうとも言い切れないと、近頃気付いた。

夏の鮮やかな花というのは、ほとんど園芸品種で、山野草系は、夏の間はうっそうとした緑の中に埋もれて、案外ひっそりとおとなしい。秋の気配がしてきてからの方が、賑やかになる。

これは、ミズヒキノハナ。道端にひっそりと咲いていて、うっかりすると見落としてしまいそうな、小さな小さな花である。それでも、この赤い色が祝儀袋の水引きを連想させて、この名前が付いたのだそうだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« すすきの穂、出始む | トップページ | 稲刈りが始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水引の花:

« すすきの穂、出始む | トップページ | 稲刈りが始まる »