« 秋の川を渡る鴨たち | トップページ | 千秋公園にて »

2009年10月27日

秋田新幹線

みちのくの山を横切る単線の新幹線に秋の日ぞさす


Wl091027 出張で秋田に来ている。今朝早く、上野から秋田新幹線の 「こまち号」 でやってきた。

ところが、秋田新幹線というのは、新幹線とは名ばかりで、在来線なのだった。踏切だってあるし、山のなかをひたすらのろのろと行く。 そして、そもそも単線である。 

盛岡駅を出たとたんに、大釜駅という無人駅に毛が生えたようなところで、反対方向に向かう上り列車を先に通すための待ち合わせをする。 新幹線でそんなことをするなんて、唖然とした。

要するに、東京を出るときに東北新幹線の 「はやて」 と連結されていて、盛岡で分かれるので、乗り換えの手間がいらないというだけの話だったのだ。そんなこととは、知らなかった。

しかし、しばらく行くと、周囲の紅葉がきれいで、のんびり行くのもいいものだと思えるようになる。 発想の転換が自然に行われる。 景観の力は偉大だ。

そして、天気は曇り時々雨なんて言われていたが、ご覧のように、ちゃんと晴れた。写真はこまち号の車窓から撮ったもの。晴れ男であることはありがたい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 秋の川を渡る鴨たち | トップページ | 千秋公園にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋田新幹線:

« 秋の川を渡る鴨たち | トップページ | 千秋公園にて »