« 野分近づく | トップページ | 野分過ぎたり »

2009年10月 8日

台風で飛ばされたるもの

道端の天使の喇叭とふ花は野分に吹かれ如何に鳴りしか


Wl091008 今日は台風直撃で、JR 常磐線の電車が昼過ぎまで動かなかった。昼前まで常磐線取手駅でしばらく待ったのだが、全然動きそうにないので、都心に出るのは諦めて、家に帰ってきてしまった。

取手駅近くの小路に、どこかの家のポリバケツが風に転がされてきていて、そのすぐそばにのラッパ状の花が落ちていた。

ラッパ状の花は、多分、エンゼルズ・トランペットだろうと思う。昨年の十一月に、これについて書いている。(参照)この花の咲いているのはかなり離れた場所なのだが、よくまあ、こんなところまで飛ばされてきたものだと思う。

ポリバケツは、この写真を撮ってから風当たりのない物陰に非難させておいた。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 野分近づく | トップページ | 野分過ぎたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風で飛ばされたるもの:

« 野分近づく | トップページ | 野分過ぎたり »