« 居酒屋の灯の控えめの白さ | トップページ | 猫じゃらし揺る »

2009年10月30日

宵を行く郊外電車

地下鉄を降りれば既に日は落ちて今日より逃ぐる郊外電車


Wl091030 本当に日が短くなってしまった。夕方に地下鉄に乗り、五時半頃に上野駅を出る常磐線快速電車に乗ろうとして地上に出ると、周囲はもう暗くなっている。そして六時過ぎ頃に取手駅に着けば、すっかり夜だ。

写真は取手駅西口の様子。電車を降りた人たちが、足早に家路に向かう。

近頃何かと気ぜわしく感じるのは、日の落ちるのが早くなってしまったからかもしれない。十一月中旬頃になれば、日の短いのが当たり前の感覚になって、少しは開き直れるのだが。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 居酒屋の灯の控えめの白さ | トップページ | 猫じゃらし揺る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宵を行く郊外電車:

« 居酒屋の灯の控えめの白さ | トップページ | 猫じゃらし揺る »