« アルケッチャーノ再び | トップページ | 和歌ログ記念日イブ »

2009年11月30日

鳥海山を望む

水平線のまろきを北に目で追へば鳥海山は雪を戴く


Wl091130 昨日は曇り空だったが、今日はすっきりと晴れた。この季節には珍しく、鳥海山がくっきりと望まれ、なんだか故郷の山に歓迎してもらっているような気になった。

今日は酒田を廻って帰ってきた。酒田はやっぱりいい。この街に生まれたのは幸いである。

もしかしたら、帰りの特急から海に沈む夕日が見られるかもしれないと思ったが、水平線の上に雲がかかっていて、それは無理だった。残念。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« アルケッチャーノ再び | トップページ | 和歌ログ記念日イブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥海山を望む:

« アルケッチャーノ再び | トップページ | 和歌ログ記念日イブ »