« 新嘗祭の夕暮れ | トップページ | 晩秋のパンダ橋 »

2009年11月24日

都会の山茶花

どの窓の内にも白きブラインドありて白き山茶花映ることなし


Wl091124 五日ぶりの都心。寒さが少しだけゆるんで、それほど肩をすくめなくてもいい。

神田の街の歩道に山茶花が咲いている。椿かもしれないが、私には区別が付かないから、一応山茶花と言うことにしておく。

白がベースの花の中に、ほんの少しだけ赤みのさした花が混じっている。山茶花の花の時期は長いから、これからずっと楽しめると思う。

ただ、この辺りはどのビルも白っぽい外壁で、通りに面した窓は白いブラインドに覆われ、白っぽい曇り空の下で、白い山茶花は全然目立たない。

今年の春までにいた岩本町付近の並木は主にイチョウだったが、このあたりはプラタナスが多い。プラタナスの葉は、まだ色も変わらず、木の枝にしっかりとついている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 新嘗祭の夕暮れ | トップページ | 晩秋のパンダ橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都会の山茶花:

« 新嘗祭の夕暮れ | トップページ | 晩秋のパンダ橋 »