« ゆつたりと流るる鴨 | トップページ | 暖かき立冬過ぎ »

2009年11月14日

川面に立つ薄

さざ波の光を透かし揺れながら薄は還り行く無の懐に


Wl091114 朝方はあやしい天気だったが、昼頃から晴れて暖かくなった。またしても分厚い布団を取って薄い布団に替えないと、暖かすぎて眠れなくなりそうだ。

川原に立つ薄の穂が、日に輝いている。薄の穂というのは、よく見ると本当に繊細できれいだ。秋の中頃からけっこう時間をかけてほやけてきて、冬の初め頃まできれいに立っている。

さざ波の立つ川面と薄の組み合わせというのは、なかなかぐっとくるものがある。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« ゆつたりと流るる鴨 | トップページ | 暖かき立冬過ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川面に立つ薄:

« ゆつたりと流るる鴨 | トップページ | 暖かき立冬過ぎ »