« 晩秋のパンダ橋 | トップページ | 上野駅の端で »

2009年11月26日

下町の隙間

見下ろせば晩秋の宵に光るビルの隙間を埋むる仕舞た屋の屋根


Wl091124 昨日よりさらに暖かくなった。超小春日和である。体が一度寒さに慣れてしまったので、ことさらに暖かく感じる。

日が暮れてもちっとも寒さを感じない。下町のビルの階段から、都会の晩秋の夕暮れが見渡せる。

それほどの高層建築ではないビルの隙間に、年代物の仕舞た屋の屋根が埋もれている。ずいぶん様相が変わったように感じられる都会だが、こうしてみると、変わらない隙間もある。その隙間が目立たないから、一見様変わりしたように見えるだけだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 晩秋のパンダ橋 | トップページ | 上野駅の端で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下町の隙間:

« 晩秋のパンダ橋 | トップページ | 上野駅の端で »