« 街の灯の滲む空気 | トップページ | 山茶花の咲く舗道 »

2010年3月16日

ひねもすのたり

生ぬるき風入り来ればのつそりと沈み行くなり首都の空気は


Wl100316

今日はまた、暖かすぎというほど暖かい一日だった。日が暮れてもまだ暖かい。こんなに暖かいのに、常磐線の快速電車の座席に座ったら尻が熱い。

驚くことに、暖房が入っている。おい、止めろよ。

写真は新川の大通り、左に曲がると首都高の箱崎入り口というところの表示である。環状線が渋滞して、ほとんど真っ赤っかだ。

春の首都高は、ひねもすのたりのたりかなである。常磐線の無駄な暖房といい、CO2出しまくりだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 街の灯の滲む空気 | トップページ | 山茶花の咲く舗道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひねもすのたり:

« 街の灯の滲む空気 | トップページ | 山茶花の咲く舗道 »