« 山茶花の咲く舗道 | トップページ | トム・ウェイツを聞きながら »

2010年3月18日

ハクモクレン咲きかける

肉厚の花弁の半ば開く宵真白きままで咲けよ木蓮


Wl100318

ふと気付けば、取手駅西口ロータリーのハクモクレンの花が咲きかけている。駅に着いた頃には日が暮れてしまっていたので、ペデストリアン・デッキの上からフラッシュをたいて撮った。

昨年の和歌日記を確認してみると、三月十九日で五分咲きになっている (参照)。ということは、昨年より少しだけ遅れているかもしれない。

昨年は満開になったところで雹にやられ、せっかくの白い花が茶色のシミだらけになってしまった。今年は真っ白いままで満開の写真が撮れるといいなあ。

春になると、ぐっと近寄ってアップで撮れる花がどんどん咲いてくれるので、うれしい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 山茶花の咲く舗道 | トップページ | トム・ウェイツを聞きながら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハクモクレン咲きかける:

« 山茶花の咲く舗道 | トップページ | トム・ウェイツを聞きながら »