« 明治神宮 | トップページ | 桜のトンネル »

2010年3月30日

寒色の街の灯

風吹けば彼岸過ぎたる街の灯もみな寒色に光りゐるなり


Wl100330

今日も、天気は悪くなかったが風は冷たかった。暖かくなるのは明日まで待たなければいけないみたいである。

日がとっぷりと暮れてから、取手駅に戻った。今日はちょっとした気まぐれで、いつもの西口ではなく東口に降りて、遠回りしてみた。

西口は、ビルでいえば三階の高さのペデストリアンデッキに出るが、東口は地上に出る。目の前に普段の街の灯がともっている。

冷たい夜風が吹いている。西口は 「吹きすぎる」 という感じだが、東口は 「吹き下ろしてくる」 というイメージだ。立ち位置の高さというのは、案外大切な要素である。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 明治神宮 | トップページ | 桜のトンネル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒色の街の灯:

« 明治神宮 | トップページ | 桜のトンネル »