« もの言はぬ躑躅よ今日の冷え込みの鬱憤を晴らす術もなかるに | トップページ | 目に見えぬ風の道ありこの街に枝垂れ桜を揺らし潜りて »

2010年4月23日

微かなる冷たきを頬に浴び未だ雨止まざるを知る宵の帰路


Wl100423

今日も肌寒い一日だった。雨も小雨だが一日中降り続いていた。

明日は天気が良くなるらしいが、明け方は放射冷却で冷え込むという。それでもいい。春の青空を見せてもらいたい。

取手駅を出るとき、雨は止んでいるように見えたが、夜道を歩き始めると、頬に冷たい雨を感じた。まだ止んでいないのをその時初めて知った。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« もの言はぬ躑躅よ今日の冷え込みの鬱憤を晴らす術もなかるに | トップページ | 目に見えぬ風の道ありこの街に枝垂れ桜を揺らし潜りて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 微かなる冷たきを頬に浴び未だ雨止まざるを知る宵の帰路:

« もの言はぬ躑躅よ今日の冷え込みの鬱憤を晴らす術もなかるに | トップページ | 目に見えぬ風の道ありこの街に枝垂れ桜を揺らし潜りて »