« ふと見れば午前六時の太陽の川面に映る土手越ゆる角度で | トップページ | 丹沢の山より落ちてしぶき上げ相模の海に行く酒匂川 »

2010年4月 9日

散りかけて散らぬ桜は忘れよとビルの谷間に茜雲見ゆ


Wl100409

朝方は妙に寒く感じたが、午後、しかも日暮れに近くなった辺りから暖かさを感じてきた。どうやら空気が入れ替わりつつあるようだ。

予報では、週末は暖かいが、来週の中頃はまた冷え込むなどと言っている。桜は散りかけてはいるが、まだ桜吹雪とまではいかない。そろそろ体力の限界だろうに。

帰りがけ、秋葉原のプラットフォームから西の空をみると、ビルの狭間に茜雲が見えた。懐かしいような色合いだ。もう桜のことは忘れてもいい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« ふと見れば午前六時の太陽の川面に映る土手越ゆる角度で | トップページ | 丹沢の山より落ちてしぶき上げ相模の海に行く酒匂川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 散りかけて散らぬ桜は忘れよとビルの谷間に茜雲見ゆ:

« ふと見れば午前六時の太陽の川面に映る土手越ゆる角度で | トップページ | 丹沢の山より落ちてしぶき上げ相模の海に行く酒匂川 »