« あまたなる鯉のぼり見ることもなき地の慰みに著莪は咲きゐる | トップページ | 北の地に春は来にけりこれやこのつましき色よ福寿草咲く »

2010年4月28日

曇りたる北の車窓を手の甲にて拭ふ人あり遠眼鏡の原野


Wl100428

札幌に出張している。新千歳空港に着いたときには雨だったが、夕方札幌に着いたときはかなり小降りになって、時々日が射してくるほどになった。とはいえ、しょっちゅう狐の嫁入り状態になるが。

新千歳空港から札幌までの電車は、外の寒さで窓が曇りっぱなしだった。さて、明日からはどんな天気になるだろうか。

写真は、歌とは関係のない写真になってしまったが、札幌の中心街。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« あまたなる鯉のぼり見ることもなき地の慰みに著莪は咲きゐる | トップページ | 北の地に春は来にけりこれやこのつましき色よ福寿草咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曇りたる北の車窓を手の甲にて拭ふ人あり遠眼鏡の原野:

« あまたなる鯉のぼり見ることもなき地の慰みに著莪は咲きゐる | トップページ | 北の地に春は来にけりこれやこのつましき色よ福寿草咲く »