« 北海の闇夜を焦がす赤き火の山の心は切なかるらむ | トップページ | もの言はぬ躑躅よ今日の冷え込みの鬱憤を晴らす術もなかるに »

2010年4月21日

競輪の行はれたるらし駅前に燻り残る宵のテンション


Wl100421

今日は取手競輪が開催されたらしい。宵の口になっても、取手駅西口では妙にハイテンションのおじさんたちの一団が、レースを振り返って話に花を咲かせている。

競馬とか、競輪とか、レースが終わってからも話すことがたくさんあるのだねと、私なんか感心してしまう。

今日は暖かい一日だったが、明日は夜が明けてからも気温は下がる一方で、肌寒い日になるらしい。本当にこの春は忙しいことだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 北海の闇夜を焦がす赤き火の山の心は切なかるらむ | トップページ | もの言はぬ躑躅よ今日の冷え込みの鬱憤を晴らす術もなかるに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 競輪の行はれたるらし駅前に燻り残る宵のテンション:

« 北海の闇夜を焦がす赤き火の山の心は切なかるらむ | トップページ | もの言はぬ躑躅よ今日の冷え込みの鬱憤を晴らす術もなかるに »