« 微かなる冷たきを頬に浴び未だ雨止まざるを知る宵の帰路 | トップページ | 広き川の橋の高みに次々に吸ひ込まれ消ゆるテールランプよ »

2010年4月24日

目に見えぬ風の道ありこの街に枝垂れ桜を揺らし潜りて


Wl100424

関東のほとんどの地域でソメイヨシノは終わったが、八重桜や枝垂れ桜が見事に咲き始めている。

枝垂れ桜というのもなかなか風情のあるものだ。今日は久しぶりの青空の下で、ピンクの花びらが風に揺れている。この風に揺れる様子というのは、枝垂れ桜ならではだろう。

明日もいい天気らしいが、夜明けは冷え込むらしい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 微かなる冷たきを頬に浴び未だ雨止まざるを知る宵の帰路 | トップページ | 広き川の橋の高みに次々に吸ひ込まれ消ゆるテールランプよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目に見えぬ風の道ありこの街に枝垂れ桜を揺らし潜りて:

« 微かなる冷たきを頬に浴び未だ雨止まざるを知る宵の帰路 | トップページ | 広き川の橋の高みに次々に吸ひ込まれ消ゆるテールランプよ »