« 曇りたる北の車窓を手の甲にて拭ふ人あり遠眼鏡の原野 | トップページ | 北の空の雲居の果ての無礙光の果つるを知らず照るぞ嬉しき »

2010年4月29日

北の地に春は来にけりこれやこのつましき色よ福寿草咲く


Wl100429

今年は北海道も天候不順だそうだ。函館線で旭川方面に向かうと、まだあちこちに雪が残っているのが見える。

今日は天気予報では一日中雨降りのはずだったが、昼過ぎまでは降らずに済んだ。外での写真撮影が必要な仕事は午前中に済ませてしまったので、心配した天気はまずまずクリア。晴れ男の面目を辛うじて保つ。

写真は道端の福寿草。「春を告げる花」 と言われているが、この辺りではようやく咲き始めたところだ。連休を過ぎれば、桜も咲き始めるだろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 曇りたる北の車窓を手の甲にて拭ふ人あり遠眼鏡の原野 | トップページ | 北の空の雲居の果ての無礙光の果つるを知らず照るぞ嬉しき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北の地に春は来にけりこれやこのつましき色よ福寿草咲く:

« 曇りたる北の車窓を手の甲にて拭ふ人あり遠眼鏡の原野 | トップページ | 北の空の雲居の果ての無礙光の果つるを知らず照るぞ嬉しき »