« 日本は四季の明確な国なりとの幻想は今捨ててしまはむ | トップページ | 田の面に厚き緑の広がれど青空映す隙間残れり »

2010年5月31日

どくだみの名を負ふ花の咲き初めし去年 (こぞ) と同じき坂道を登る


Wl100531

五月は今日で終わり。明日から六月だが、どうもそんな気がしない。今日もどちらかといえば涼しい一日だったし。

それにしても、時の経つのは早い。もう一年の半分にさしかかろうとしているのか。たまらんなあ。

今年もドクダミの花が咲き始めた。またの名をジュウヤク (十薬) とも言うが、ドクダミの方がずっと一般的だ。それにしても、こんなに愛らしい花なのに、名前が 「ドクダミ」 とはかわいそうな気がする。

これから、このドクダミがどんどん増える季節になる。いつもの坂道は、いつもの年のごとく白っぽくなる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 日本は四季の明確な国なりとの幻想は今捨ててしまはむ | トップページ | 田の面に厚き緑の広がれど青空映す隙間残れり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どくだみの名を負ふ花の咲き初めし去年 (こぞ) と同じき坂道を登る:

« 日本は四季の明確な国なりとの幻想は今捨ててしまはむ | トップページ | 田の面に厚き緑の広がれど青空映す隙間残れり »