« 風に削がれ半球となりし蒲公英の綿毛は風の道を見せゐる | トップページ | 恋ふごとく仰ぎ見たしと思へども今日も叶わず富士宮過ぐ »

2010年5月12日

小夜更けて思ひがけなき冷たさの風の吉備路を渡るを眺む


Wl100512

今日はまた出張。今度は岡山に来ている。今回の仕事は夜で終わりで、明日は早めに帰宅できる。明後日の朝には今度は帰郷だから、なるべく疲れないようにしているのだが、やはり旅の連続はちときつい。

それに立夏もとうに過ぎたのに、今日はなんだか少し冷え込んでいて、岡山の夜風がやけに冷たく感じられた。まだまだ天気は安定していないみたいだなあ。

忙しくて写真を撮る閑もなかったから、ホテルの窓から岡山の街の夜景を写してみたのだが、今度はココログの画像関係のサーバが混み合っているみたいで、アップロードできない。テキストの方は問題なくできるのだが、一体どうなっているのだろう。

まあ、今日の写真はそれほど重要ってわけじゃないから、後でアップロードしてもいい。取り敢えず、シャワーを浴びて寝よう。明日は父への土産にきび団子を買って帰る。

【翌朝 追記】

写真のアップロードができた。昨夜は画像サイズを縮小するのを忘れていて、大きいままでアップロードしようとしてはねつけられていたのだった。ちょっと頭が疲れているようだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 風に削がれ半球となりし蒲公英の綿毛は風の道を見せゐる | トップページ | 恋ふごとく仰ぎ見たしと思へども今日も叶わず富士宮過ぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小夜更けて思ひがけなき冷たさの風の吉備路を渡るを眺む:

« 風に削がれ半球となりし蒲公英の綿毛は風の道を見せゐる | トップページ | 恋ふごとく仰ぎ見たしと思へども今日も叶わず富士宮過ぐ »