« 薔薇咲けり五月の空の裏庭に似合ふわけでもなくゴージャスに | トップページ | パン生地の中に見えざるいのちありてふつふつと膨らむ夜を徹し膨らむ »

2010年5月19日

初夏の風雨の匂ひを路地裏に置き去りにして花かたばみ咲く


Wl100519_2

今頃の季節は、いろいろの花が一斉に咲き乱れて、写真を撮るのも楽しい。

これはどうやらオキザリスという名の花らしい。花カタバミともいうようだ。図鑑を調べてようやく特定した。こういうときに、花の名前にうといのは本当に困る。

今日は昼過ぎから雨になった。最近ずっと降らなかったから、少しは降ってもらわないと困るところである。ちょうどいいお湿りだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 薔薇咲けり五月の空の裏庭に似合ふわけでもなくゴージャスに | トップページ | パン生地の中に見えざるいのちありてふつふつと膨らむ夜を徹し膨らむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の風雨の匂ひを路地裏に置き去りにして花かたばみ咲く:

« 薔薇咲けり五月の空の裏庭に似合ふわけでもなくゴージャスに | トップページ | パン生地の中に見えざるいのちありてふつふつと膨らむ夜を徹し膨らむ »