« 風渡り宵の木立の影浮かぶこの夏の雲をを如何にぞ読まむ | トップページ | 上空の寒気のかくも凛としてゐるならばまた冷淡もよし »

2010年5月27日

夕立に逢ふも逢はぬも竹藪をゆらりと揺らす風に任せむ


Wl100527

取手駅近くに借りている駐車場から駅までの道中に、結構竹藪がある。なかなか風情がある。

風に吹かれると竹藪全体が揺れ動いて、不思議さを感じるほどの光景になる。

今日はさっぱりした天気になったと思っていたが、局所的に大雨が降ったようだ。秋葉原にある事務所にきた印刷会社の営業マンに 「今日はいい天気になったね」 と言うと、「この辺は降ってないんですか !?」 と驚かれた。

浜松町のあたりは、土砂降りになったという。山手線の東側でそんなに離れていないのに、全然知らなかった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 風渡り宵の木立の影浮かぶこの夏の雲をを如何にぞ読まむ | トップページ | 上空の寒気のかくも凛としてゐるならばまた冷淡もよし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕立に逢ふも逢はぬも竹藪をゆらりと揺らす風に任せむ:

« 風渡り宵の木立の影浮かぶこの夏の雲をを如何にぞ読まむ | トップページ | 上空の寒気のかくも凛としてゐるならばまた冷淡もよし »