« 喉を鳴らす猫の小さき背を撫づるうちに今宵は更けてゆくなり | トップページ | 風渡り宵の木立の影浮かぶこの夏の雲をを如何にぞ読まむ »

2010年5月25日

紫陽花の小さき芽吹き小夜更けてフラッシュの灯に浮かび来たりぬ


Wl100525

今日は末娘と一緒に日舞の会に行って、夜が更けてから戻ってきた。というわけで、写真を撮っている暇がなかった。劇場は撮影禁止だったし。

というわけで、家に戻ってふとみると、裏のアジサイが小さなつぼみを付け始めているのに気づき、フラッシュをたいて写してみた。フラッシュをたくと画像が妙に白っぽくなるのが嫌で、普段はほとんど使わないのだが、正真正銘の夜には使わざるを得ない。

今日は暑い一日だったようだが、明日は涼しくなるという。本当に油断のならない天気が続いている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 喉を鳴らす猫の小さき背を撫づるうちに今宵は更けてゆくなり | トップページ | 風渡り宵の木立の影浮かぶこの夏の雲をを如何にぞ読まむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花の小さき芽吹き小夜更けてフラッシュの灯に浮かび来たりぬ:

« 喉を鳴らす猫の小さき背を撫づるうちに今宵は更けてゆくなり | トップページ | 風渡り宵の木立の影浮かぶこの夏の雲をを如何にぞ読まむ »