« パン生地の中に見えざるいのちありてふつふつと膨らむ夜を徹し膨らむ | トップページ | 久方の奄美の島の大地より生まるる色の車輪梅咲く »

2010年5月21日

真夏日の黄昏に高校生たちが歩道橋昇る夏の顔して


Wl100521

昨日から二十九度になるとは予報で言われていたが、蓋を開けてみると東京は三十・九度まで上がって真夏日になった。

とはいえ、日が暮れてしまえばさすがに涼しい風が吹いてくる。真夏になってもこのくらいの陽気ならありがたいと思うぐらいだ。

黄昏の駅に向かう道を高校生の一団がやってきて、歩道橋の階段を昇ってくる。群れをなした高校生は、夏そのものだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« パン生地の中に見えざるいのちありてふつふつと膨らむ夜を徹し膨らむ | トップページ | 久方の奄美の島の大地より生まるる色の車輪梅咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真夏日の黄昏に高校生たちが歩道橋昇る夏の顔して:

« パン生地の中に見えざるいのちありてふつふつと膨らむ夜を徹し膨らむ | トップページ | 久方の奄美の島の大地より生まるる色の車輪梅咲く »