« 日に光る紫陽花の色サッカーに潜む複雑系の色なり | トップページ | 閉ざさるる思ひの醸し出だされて熱く弾くる時を待つ頃 »

2010年6月20日

緑濃く田を覆ふ朝その影にあまたのいのち息を潜めり


Wl100620

スカスカだった田んぼが、今はもうすっかり緑に埋め尽くされた。ふかふかの緑の絨毯のようになった。

そういえば、明日はもう夏至である。例年夏至は梅雨の真っ最中になることが多いので、あまりそれを実感することはないが、一年で昼が一番長い日だ。

週間天気予報をみると、月曜日からは曇りや曇り時々雨というマークが並び、最高気温は二十八度から三十度というのが多くなっている。まさに夏至を過ぎた天気になるようだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 日に光る紫陽花の色サッカーに潜む複雑系の色なり | トップページ | 閉ざさるる思ひの醸し出だされて熱く弾くる時を待つ頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑濃く田を覆ふ朝その影にあまたのいのち息を潜めり:

« 日に光る紫陽花の色サッカーに潜む複雑系の色なり | トップページ | 閉ざさるる思ひの醸し出だされて熱く弾くる時を待つ頃 »