« 緑濃く田を覆ふ朝その影にあまたのいのち息を潜めり | トップページ | 音もなく黄昏の中に舞ひ来てはふと止まるなり夏の爪先 »

2010年6月21日

閉ざさるる思ひの醸し出だされて熱く弾くる時を待つ頃


Wl100621

道ばたは紫陽花とドクダミの季節である。もう少し遠出をすれば菖蒲もみられるのだろうが、なかなかかなわない。

夏至の今日、思っていたよりずっといい天気になって、昼頃に箱崎あたりを歩いたら汗が噴き出た。これからは外出にはペットボトルが欠かせない。

人の思いが熱くなっていく。梅雨の間にその熱さがどんどん醸造されていく。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 緑濃く田を覆ふ朝その影にあまたのいのち息を潜めり | トップページ | 音もなく黄昏の中に舞ひ来てはふと止まるなり夏の爪先 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 閉ざさるる思ひの醸し出だされて熱く弾くる時を待つ頃:

« 緑濃く田を覆ふ朝その影にあまたのいのち息を潜めり | トップページ | 音もなく黄昏の中に舞ひ来てはふと止まるなり夏の爪先 »