« 音もなく黄昏の中に舞ひ来てはふと止まるなり夏の爪先 | トップページ | 極端と言はるる雲の移ろひの埋もれ木の下に夏は深まる »

2010年6月23日

紫陽花の彼方にビニール傘は去る濡るれど光ることなき路面


Wl100623

朝の出がけは曇り、昼は土砂降り、夕方には晴れと、何でもありの天気だった。

東京秋葉原付近の通りには、歩道の植え込みに紫陽花が咲いている。いかにも紫陽花の似合う天気だった。

梅雨入りが大幅に遅れるかもしれないと心配していたが、まあ、それほど遅くなることもなく雨の季節になった。しかし、今年の梅雨は陽性で、降るときはしっかり降るけれど、降らないと上天気になってしまう。

あまり気まぐれな天気なので、人間の心持ちも落ち着かない。じっくりと考えるということがおっくうになってしまう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 音もなく黄昏の中に舞ひ来てはふと止まるなり夏の爪先 | トップページ | 極端と言はるる雲の移ろひの埋もれ木の下に夏は深まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花の彼方にビニール傘は去る濡るれど光ることなき路面:

« 音もなく黄昏の中に舞ひ来てはふと止まるなり夏の爪先 | トップページ | 極端と言はるる雲の移ろひの埋もれ木の下に夏は深まる »