« 郊外に帰る車のテールランプある時強くそしてまた弱く | トップページ | 何事も思はざる目で夕焼けを眺むればただ夕焼け赤し »

2010年7月18日

唐突に夏は来にけり目覚むれば世界は白きただ白き光


Wl100718

何だか唐突に夏がやってきたような気がしている。ちょっと前までは、今年の梅雨明けは遅れるんじゃあるかいかと心配していたのに、期待していた以上の夏空らしい夏空だ。

ちなみに、世間は三連休なのだが、私は全然休みが取れない。今日も仕事で古河まで行ってきた。古河まで行くには高速道路がないのだが、あったとしても渋滞で大変だっただろう。

写真は夕暮れ近い風景。天気が安定しているので、夕暮れになると入道雲は消えて、筋雲になっている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 郊外に帰る車のテールランプある時強くそしてまた弱く | トップページ | 何事も思はざる目で夕焼けを眺むればただ夕焼け赤し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 唐突に夏は来にけり目覚むれば世界は白きただ白き光:

« 郊外に帰る車のテールランプある時強くそしてまた弱く | トップページ | 何事も思はざる目で夕焼けを眺むればただ夕焼け赤し »